1. ホーム
  2. 「売りたい」商品詳細

「売りたい」商品詳細

地山に密着するグラウンドアンカーの受圧板(現場打コンクリート十字枠工)【フィットフレーム工法】

フィットフレーム工法は、工場で鉄筋を組み込みシステム化した鋼製有孔型枠(ブラインド型枠ならびにシート型枠)に高流動コンクリートを打設した現場打コンクリート十字枠工です。
グラウンドアンカーや鉄筋挿入工(地山補強土工)の受圧構造物として使用します。シート型枠(フィットシート)が地山の凹凸に密着して設計上の均等な荷重分布が得られます。
☆国土交通省新技術提供システム NETIS登録番号KT-980611-V

【施工事例】
 高速道路の斜面を防護した事例です。
 ☆沖縄県

【特徴】
 凹凸処理が可能なフィットシートを使用していることから、『地山にフィット!』して密着性が高まります。
 グラウンドアンカーの緊張力を均等に分散、伝達して設計上の理想的な荷重分布が得られます。

商品情報

業種 建設業 > 総合工事業
取引希望地域 全国

出品者情報

ログインするとご覧いただけます。

ログイン

会員登録はこちら